女性が未経験で金融系エンジニアを目指す方法を解説!求められる人物像は?将来性やキャリアパスを転職エージェントがご紹介

IT

これから金融系エンジニアを目指そうと考えている女性には、どのようなスキルが求められるでしょうか。

志望していても、未経験が心理的に高いハードルと感じている女性は少なくありません。

もちろん、経験豊富な人の方が転職には有利ですが、未経験だからといって転職できないわけではありません。

金融系エンジニアとして働くために、どのような方法があるのかをしっかりと考えておけば大丈夫です。

未経験は実務を通してカバーできます。

今の自分にあるスキルと求められるスキル・人物像を比較してみれば方向性が見えてきます。

未経験から金融系エンジニアを目指す方法を解説

ノートにボールペンでメモ未経験の女性でも金融系エンジニアを目指すことはできます。

ただ、その方法をしっかりと理解しておくことが大切です。

まずは、未経験者に求められるスキルと経験者が持っているスキルは違うことを頭に入れておきましょう。

未経験者に求められるスキルとは、具体的にどのようなスキルなのでしょうか。

未経験者であっても、これまでの社会人としての何らかの経験を持っているはずです。

その経験やスキルを適切に活かすことが大切です。

その上で、金融系エンジニアとしてのスキルを身につけていかなければなりません。

 

ワンポイント
未経験者でもこれまでの経験やスキルを持っている。

金融系エンジニアの未経験求人から仕事内容をチェック

考え事をする女性

金融系エンジニアとして未経験の求人では、どのような仕事をするかよくわからない場合が少なくありません。

漠然とSEやプログラマーと表現されることが多いため、その仕事内容を確認しましょう。

もちろん、すぐに高いスキルが必要なエンジニアの仕事を任せられることはありません。

また、具体的に必要となるスキルも求人している企業によって異なります。

初めは研修が一般的です。

実務を通して経験を積み、数年後には高度なスキルを身につけられるようになります。

自社開発の金融系システムメンテナンスの求人例

オフィスの女性

自社開発のシステムの場合、システム内部の情報はすべてわかっています。

そのため、未経験者への教材としての提供も比較的やりやすいと考えられます。

システムの仕組みを理解していく研修から始まるでしょう。

ただ、未経験者であってもIT関連の基本的なスキルは必要となります。

業務を通して学ぶことはたくさんありますが、それ以上に独学でスキルアップを図る必要があるでしょう。

小さな企業でも年収は400万円以上です。レベルアップにより、いずれは会社の主力として貢献することが期待されています。

大手企業の派遣社員の求人例

金融系に限らず、システムエンジニアの派遣社員は少なくありません。

すでに豊富な知識を持っている人なら、正社員としての登用も期待できます。

派遣社員の場合は即戦力となることが期待されますが、金融系システムの全体を把握している人材は多くいません。

そのため、たくさんの求人があるのです。

システムの一部を理解できるようになれば、担当を割り振られるでしょう。

金融システムのデータベース運用の求人例

金融系エンジニアとしての経験がなくても、データベースの知識を持っている人は有利でしょう。

データベースの知識だけでできる仕事もたくさんありますが、採用されてからのスキルアップの努力も大切です。

金融系システムといっても、その活用範囲は幅広くシステムによって仕事内容も変わってきます。

これまで経験してきた自分の得意分野を積極的にアピールすることを考えてください。

同時に業務によって得られる知識を、しっかりと自分の力にしなければなりません。

データベースに限らず、様々な知識が集まって金融業界のオンラインシステムは作られています。

経験によって幅広いスキルとなることでしょう。

金融系エンジニアのやりがい

パソコンを持つビジネスウーマン

金融系エンジニアのやりがいについて考えてみましょう。

どのような仕事でも自分がやっていることを理解して、それが誰かの役に立っているとわかればやりがいが出てきます。

金融系エンジニアの場合、仕事全体を把握することは容易ではありません。

マネージャーレベルの仕事を任せられている人ならば、すでにたくさんの経験を積んでいることでしょう。

未経験者として転職したばかりであれば、基本的なことを依頼されることが多く、やりがいを感じないかもしれません。

しかし、基本を理解することからスキルアップは始まります。

自分のこれからの成長を考えていかなければなりません。

経営に大きく関わる

遠くを見る女性

金融系エンジニアの役割はシステムの安定した運用ですが、一つ間違えば経営基盤を揺るがす危険性もある重要な仕事です。

一般企業でも情報漏洩などが発覚してニュースになる例が少なくありません。

金融系エンジニアの場合は、情報漏洩だけではなく直接お金のやり取りが関係してきます。

システムの不備は致命的と考えなければなりません。経営層が考えているシステムを具体化するのが金融系エンジニアです。

会社においては、非常に重要な役割だと認識してください。

金融のITを支える存在

金融業界は日本だけではなく、世界中のIT化によって変革を余儀なくされています。

金融系エンジニアは現状のシステムの保守だけにとどまらず、新しい機能や仕組みを取り入れる視点を持つことが大切です。

そのためには既存の豊富な知識だけでは不十分です。新しい技術情報のチェックが必要となります。

自分が携わっている技術を考えていれば、自分の仕事が時代の最先端なのだと自覚できるでしょう。

それは仕事に対する大きなやりがいとなります。

 

ワンポイント
・誰かの役に立つ仕事はやりがいがある
・経営者の考えを具体化する
・最先端の仕事と認識する

求められる人物像

頬杖を突く女性

金融業界に限らず、転職では豊富な経験を持っている人が優遇されますが、未経験者を採用している企業も少なくありません。

企業は未経験者に何を求めているのでしょうか。

金融系エンジニアを目指している人が求められる人物像を整理してみましょう。

プログラミング言語の知識がある

プログラミング言語の知識を持っていることは基本と考えられるでしょう。

ただ、プログラミング言語といってもたくさんの種類がありますし、その使用目的も異なっています。

それでも一つのプログラミング言語を知っていれば、それ以外を理解することは比較的簡単です。

つまり、プログラムがどのような役割を果たすのかを理解していることが大切です。細かい文法は調べればわかるからです。

金融系エンジニアに必要とされるプログラミング言語も一つではありません。

自分の得意な言語の幅を徐々に広げていくようにしましょう。

責任感がある

未経験者でも社会人として、持っておかなければならないスキルがあります。

その一つには責任感です。正確にはスキルではありませんが、仕事に対する姿勢が問われていると思ってください。

金融系エンジニアはチームで仕事を行います。

それぞれが役割を果たすことによって、システム全体の信頼性を維持できるのです。

責任感を持つことは自分の役割を自覚しておかなければなりません。

几帳面で丁寧な仕事ができる

女性

金融系エンジニアに求められるスキルは高いのですが、同じような作業を続けなければならない場合もあります。

全国に支店やATMがあり、それぞれの処理が間違っていないかどうかを確認する場合などです。

エンジニアの作業は省略することができません。

几帳面で丁寧な仕事ができなければ、チームからも会社からも信頼されないでしょう。

もちろん、日常生活とは関係なく、仕事に対する意識があれば十分です。

新しい技術への興味・関心が強い

金融系のシステムは安定が求められますが、時代とともに新しい技術も取り入れなければ競争に負けてしまいます。

企業のトップが新しい技術を提唱するのではなく、現場のエンジニアが積極的に技術の導入をアピールしなければなりません。

そのためには新しい技術に関心を持ち、それを自分のスキルにしようとする気持ちが大切でしょう。

独学で十分に得られないと感じたら、セミナー受講などを検討することも必要です。

金融系エンジニアに求められるスキル

ファイルを持つ女性

金融系エンジニアの仕事はシステムの開発・運用・保守など幅広い範囲です。

そのため幅広いスキルと知識が求められます。未経験者にはそのスキルはありません。

しかし、エンジニアとして実務を経験していく過程で、スキルアップを図ることは可能です。

システムへの新しい技術の導入は自分のチャンスと考えましょう。

自分の役割以上のスキルを身につけられるようチャレンジしてください。

 

ワンポイント
幅広いスキルが求められるが、スキルアップのチャンスと考える。

金融系エンジニアへの未経験転職の注意点

未経験

金融系エンジニアとしての経験がない人が転職する場合の注意点を解説しましょう。

まず、未経験は決してデメリットではないということです。

前職での経験を転職先ですぐに活用できないとしても、システムに対する考え方や業務への取り組み姿勢はわかっているはずです。

それをアピールすることが大切でしょう。

また、金融系エンジニアにはない別のスキルを持っている場合もあります。

自分の得意なことは何なのかを分析してみましょう。

そして、それをどう活用して貢献するかを考えなければなりません。未経験は見方を変えることによってチャンスになるのです。

金融系エンジニアの未経験転職でよく聞かれる質問

女性

金融系エンジニアが転職時の面接で聞かれる質問にはいくつかのパターンがあります。

それを事前にイメージしておくことで、面接で慌てることなく臨機応変に対応できるでしょう。

前職で得た経験に関する質問

金融系エンジニアは未経験でも、これまでの仕事で何かを得ているはずです。その内容が質問されるでしょう。

自分がやってきた仕事や求められたスキルを具体的に説明してください。

もちろん、その経験がすぐに役立つわけではありません。

しかし、経験とその効果について説明できる人は、自分のことがよくわかっていると評価されます。

自信を持って答えてください。

当社を選んだ理由

たくさんの企業の中で、どこを選ぶか迷うことも少なくありません。

ただ、企業の採用担当者は自分の企業を選んだ理由を聞くことが多いのです。

答え方によって、会社の業務について理解しているかどうかがわかります。

もちろん、業務をすべてわかっていないとしても、会社の中で自分が果たす役割について考えを述べられるようにしておきます。

基本理念や会社として進むべき方向性を理解して答えられれば、仕事を任せられる人材かどうかの判断材料となるでしょう。

 

ワンポイント
・自分の経験を具体的に説明する
・選んだ会社での自分の役割を述べる

金融系エンジニアの将来性やキャリアパス

AIエンジニアの女性

金融系エンジニアの将来性やキャリアパスについて解説します。

転職する人は企業の将来性について気になるかもしれません。

一方で、会社の将来性よりも自分のキャリアパスが気になる人もいるでしょう。

業務を通してスキルを高めていけば、フリーランスとして独立を考えられるようになります。

将来性

金融系エンジニアの将来性についてはまったく問題ありません。銀行や証券会社がなくなることはないからです。

また、ATMなどの店舗が減少したとしても、インターネットを介したシステム全体は巨大化する一方です。

金融系エンジニアの需要はさらに高まると考えてください。

もちろん、自分の業務を確実にこなすだけではなく、将来に向けてスキルアップを図らなければなりません。

キャリアパス

未経験者であれば研修から始まることでしょう。

1年程度でプログラミングができるようになり、その後はシステムの運用や管理をチームとしてやっていきます。

徐々に守備範囲が広がると考えてください。

システム全体を理解できるようになればマネージャーとして経営層への提案などもできるスキルが身についています。

システムエンジニアは時代の最先端をいく仕事です。

金融系エンジニアは経済界を支えているといっても過言ではありません。

キャリアパス形成は自分の将来について大きな自信となります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

耳をすます女性

未経験者が転職する場合には大きな不安があるでしょう。何から転職活動を始めればいいかわからないからです。

そのような時は転職エージェントに相談してみましょう。

未経験でも自分のスキルを分析することで、転職へのハードルを下げられるでしょう。

転職エージェントで受けたアドバイスを参考にしてください。

まとめ

笑顔の男女

金融系エンジニアには未経験者はなれないと思っている女性が少なくありません。

しかし、どのような企業でも未経験者がそれなりに頑張っています。

未経験者に求められるスキルをしっかりと把握して、不足しているスキルは業務を通じて高めていく努力をしましょう。

金融系エンジニアの仕事は銀行が続く限りなくなりません。将来性に不安はないでしょう。

また、インターネットの普及による技術革新も未経験者には有利と考えてください。

新しい技術は誰もが未経験者だからです。新しい技術を常にチェックし、スキルアップを図ることが大切です。

未経験でも転職を成功させることは難しくありません。

自分の努力次第です。

ITの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG