金融系エンジニアの志望動機の書き方を転職エージェントが解説!女性が志望動機で押さえるべきポイントは?注意点や例文も紹介!

IT

金融系エンジニアの転職を目指している女性が増えています。

これまでは男性の仕事と考えられてきたエンジニアですが、女性の社会進出ともに雇用状況は変わっています。

女性にとっても、エンジニアが有力な選択肢となっているのでしょう。

ただ、金融系エンジニアはお金を取り扱うシステムを対象としていますから、仕事面では高いスキルが求められます。

どのようなスキルが求められているかを理解して、志望動機を考えてみましょう。

金融系エンジニアの志望動機の書き方を解説

こぶしの女性

転職に当たっては履歴書を記載しますが、その中には志望動機を書く欄があります。

エンジニアを目指している人は文章を書くのが苦手な人が多く、うまく書けずに悩んでしまうようです。

金融系エンジニアの志望動機を書く場合、この業界だけに特別に意識しなければならないことはありません。

もちろん、転職したいと思っている人の志望動機ですから、採用担当者に自分をアピールすることは大切です。

そこで考えなければならないのは、どのようなアピールが効果的なのかという点です。

金融系エンジニアとして求められるスキルや人物像に、自分がふさわしくなければなりません。

ただ、必要とされるスキルのすべてを持っている人はほとんどいません。

転職してから積極的にスキルアップを図る意欲が大切です。

履歴書の志望動機は文章だけですから、言葉の表現方法に注意した書き方を考えなければなりません。

 

ワンポイント
アピールの効果を意識した文章で表現する。

金融系エンジニアに求められる人物像

女性

金融系エンジニアに求められる人物像を考えてみてください。

仕事内容は漠然と理解しているかもしれません。エンジニアとしての仕事は金融システムを安定して運用することです。

ただ、時代とともにシステムは進化していかなければなりません。

銀行は簡単に倒産することはありませんから、システムとのかかわりは開発・保守・リプレースと長期にわたると考えてください。

もちろん、一人だけで銀行のシステムを構築するのではありません。

システムをいくつかに分割して、それぞれを企業内で分担しています。

自分に与えられた仕事に満足できないとしても、責任感を持って取り組まなければなりません。

また、金融システムは機能に問題がないことは当然ですが、セキュリティが重要です。

個人情報データを取り扱っているからです。

つまり、金融系エンジニアの仕事は、技術面よりも常にセキュリティを意識したシステムづくりが求められます。

単なるプログラミングのスキルだけではなく、何が重要なデータなのかを考える意識と責任を持たなければなりません。

それが企業内での信頼だけではなく、金融に関係する多くの顧客の信頼へとつながります。

志望動機を書く前の準備

パソコン

志望動機をいきなり書き始めても、スムーズに文章が出てこないでしょう。

そこで、いくつかのポイントを明確にしておくことが重要です。それが志望動機を書く前の準備です。

自己分析をしよう

思案する女性

志望動機には自分の熱意だけではなく、長所をアピールする言葉を挿入します。

ただ、自分の長所は知っているようで、意外とわかっていない人が少なくありません。

まずは、冷静に自己分析してみてください。これまでの仕事で自分がどのよう働きをしてきたのかを考えるのです。

前職の会社でどれだけの貢献ができたかを振り返ってみましょう。

過去について不満を持ったり、自信をなくすことではなく、これからの自分を考えなければなりません。

また、得意なこと・不得意なことの両方があるはずです。

得意なことはどんどんスキルアップしていかなければなりません。

不得意なことは別の形でカバーできるようにすればいいでしょう。

企業研究を徹底して行おう

志望動機にはどのようにして会社を選んだのかを書かなければなりません。

銀行関係の企業はたくさんありますが、会社案内を読んで何を感じたのかを書いてみてください。

そのためには企業について調べておきましょう。

もちろん、詳細な内容まではわからないとしても、他の企業との違いがどこにあるかを意識してください。

それが志望動機につながります。

エンジニアですから、技術的に惹かれる何かがあったはずです。

企業の業績や将来性についても、エンジニアの観点から文章を作ってください。

企業の求めている人物像を知ろう

企業案内を見ると、企業が社会に対して、どのような役割を担おうとしているのかがわかります。

その中で自分が何をするかを意識してください。

企業が求めている人物に近づけるように努力してください。これからの努力を具体的な文章にしましょう。

志望動機で押さえるべきポイント

女性ポイント

エンジニアとして働くだけであれば、金融系エンジニアにこだわる必要はありません。

しかし、志望動機は自分なりのこだわりを書きましょう。

銀行は安定した企業だと漠然と思っているだけでは、転職を成功させることは難しいでしょう。

なぜ金融業界なのかを明確にしよう

金融業界に転職しようとするなら、他の業界との違いを意識しなければなりません。

高いセキュリティや信頼性が求められるのは、金融関係に限ったことではありません。

世界中の企業がセキュリティに配慮したシステム構築に努めています。

現代では、それが企業の社会的責任と考えられています。

金融業界特有の事情を考えてください。お客様から預かったお金に関する処理をしているため、間違いは許されません。

また、全国にたくさんの端末がありますから、システムの全容は巨大です。

システム構築も中途半端な技術では作れません。

金融系エンジニアになりたい理由を明確にしよう

エンジニアの転職を希望する人は、自分がやりたい仕事を明確にしていることが少なくありません。

どのようなシステムの仕事に携わりたいのかを意識すれば、金融系エンジニアになりたい理由が見えてくるでしょう。

一般企業のシステムと金融システムの違いです。

ただ、顧客への信頼や現金を取り扱うことはエンジニアとして考える要素はあまりありません。

高度なセキュリティ・長期的な安定性・システム構成の考え方などを考慮した仕組み作りに関心を持っているはずです。

自分がエンジニアとして何を目指しているかを書いてください。

なぜその企業なのかを書こう

人差し指

たくさんの銀行や証券会社があり、それぞれにシステムを運用しています。

同じような目的を持ったシステムですが、それぞれの企業で違った考え方があります。

それは対象としている顧客層が違うことも関係しているでしょう。

例えば、都市銀行と地方銀行では仕事内容は同じでも、必要となるシステムは異なっています。

それを意識すれば、なぜその企業なのかは明確になるはずです。

また、金融系エンジニアは銀行員とは同じ企業内でも立場が違います。

自分たちが直接利用者の要望を聞くのではなく、銀行が求めるシステムを実現することが仕事です。

入社後どう貢献できるのかを書こう

転職後にどのような貢献ができますか。自分のスキルを活用して何ができるかを考えてください。

新人がすぐに貢献することは難しいですが、転職者はこれまでの経験を活かせるはずです。

自分の実績を振り返ってみてください。

もちろん、転職後もスキルアップを図っていくことで、さらなる貢献を期待してもらいましょう。

 

ワンポイント
・金融業界は責任が重要である
・エンジニアとしての目標を表現する
・転職先の企業の特徴を意識する
・入社後に活かせる自分のスキルを表現する

志望動機を書く際の注意点

女性,虫眼鏡

志望動機を書く際にはいくつかの注意点があります。

これは金融系エンジニアに限ったことではなく、社会人として知っておかなければならないことです。

特に転職希望の場合は、前職でどのような仕事をしてきたのかを問われることが多くなります。

面接を意識して、具体的な文章にしてください。

企業の求めている人物像にあわせたアピールをしよう

メモ

企業が求めている人物像に対して、自分はどのようないいところがあるかをアピールします。

もちろん、完全に理想の人物像になることはできません。

しかし、不足しているスキルは経験や入社後のスキルアップでカバーできるでしょう。

具体的なエピソードと絡めて強みをアピールしよう

前職でやってきたことを具体的に説明することは自分のアピールになります。

かかわってきたシステムの規模や期間、その中で自分が得た知識を書いてください。

 

ワンポイント
・自分のいいところを表現する
・やってきたことと得た知識を具体的に書こう。

金融系エンジニアの志望動機の例文

履歴書

これまでの説明を基に、金融系エンジニアの志望動機の例文を紹介しましょう。

ただ、これは例にすぎませんから、自分の言葉で書くことが重要です。

また、志望動機については面接で問いかけられることも多いですから、そのつもりで書きましょう。

経験者の志望動機例

私はこれまで、銀行のオンラインシステムの運用を担当してきました。

会社では数人のスタッフとともに、システムの異常の有無をチェックする仕事でした。

しかし、運用部分だけの仕事では、自分のスキルアップを図ることは難しいと考えるようになりました。

貴社の業務内容を見ると、システムの幅広い部分をカバーされています。

自分もその一員として知識を身につけたいと考えて、志望しました。

まだ、知識が不足している部分もありますが、システム全体の動きは知識として習得しています。

今後は積極的にスキルを高めて、早く貢献できるようになりたいと考えています。

未経験者の志望動機例

私はこれまで、工場生産ラインのシステム構築の仕事に携わってきました。

金融系システムとは根本的な考え方が違います。

しかし、目的は利用者に信頼してもらうことですから、エンジニアとしては共通していると思っています。

貴社を希望したのは、これまでの証券会社にはないユニークな発想で、利用者を増やそうと考えられているからです。

この新しいシステムの構築には自分の経験も活かせると思っています。

システムがどうあるべきかをしっかりと検討することが信頼される企業につながります。

その一員として積極的に取り組んでいきたいと思います。

金融系エンジニアの志望動機のNG例

説明

志望動機はできるだけ具体的な表現が求められます。漠然とした表現は避けるようにしましょう。

これまでの経験を踏まえて、自分が目指すものを書くようにしてください。

経験者のNG例

私は銀行のオンラインシステムの構築に携わってきました。

ただ、自分が考えている仕事内容と実際の業務に大きなずれがあり、それが負担となっていました。

自分のスキルを活かすためには、別の企業が向いているのではないかと思って転職を希望しました。

貴社に採用していただければ、自分の経験を活かして頑張っていきたいと思います。

NG例の改善ポイント

NG例では転職しようとした理由があいまいな表現となっています。

単に自分だけが感じているのではないかと取られる可能性が多いでしょう。

もっと具体的に書けば、それが客観的で妥当な判断なのかがわかります。

銀行として利用者の利便性を高めるためにはネットワークを拡充して、処理の迅速化を進めるべきだと考えています。

そのためには必要な設備を導入しなければなりません。

現在の銀行の仕組みでは、容易ではありません。

貴社のような新しいシステムに取り組んでいるところに入社して、自分もチャレンジしてみたいと思います。

志望動機がまとまらない時の対処法

仕事に悩む女性

いろいろと頭の中でイメージはしてみても、それが文章としてまとまらない場合も少なくありません。

そのような時はどうすればいいでしょうか。

自分が持っているスキルを、転職先でどのように活用できるかを考えてみてください。

また、志望動機は自分のスキルアップだけではなく企業への貢献も重要なポイントです。

企業が目指す方向性を意識しながら、それにあわせて自分の進む道を表現してみてはどうでしょうか。

 

ワンポイント
自分のスキル活用を表現して、志望動機をまとめよう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

案内

転職の履歴書作成では志望動機で悩んでしまう人が少なくありません。

もちろん、誰でも転職には不安が伴います。

しかし、転職エージェントに相談してみれば、自分の悩みが小さなことだったとわかることでしょう。

自分の人生ですから、やりたい仕事に積極的にチャレンジしてみてください。

そのやる気が志望動機の文章となり、採用担当者に伝わっていきます。

まとめ

笑顔の女性

金融系エンジニアの転職は決して難しいことではありません。

しかし、自分が持っているスキルと経験を志望動機に具体的に書くことが大切です。

そのためには企業を選んだ理由や企業が求める人物像を意識しなければなりません。

また、これまでやってきた仕事と転職先での仕事が違っていても、うまく活用することが大切です。

志望動機で悩むのではなく、自分の得意なことを積極的にアピールしなければなりません。

ITの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG