インフラエンジニアのキャリアパスの考え方を解説!需要や将来性は?女性向けキャリアパスの事例を転職エージェントが紹介します

インフラエンジニアのキャリアパスはスペシャリストゼネラリストがあります。

その中で結婚や出産といったライフイベントを迎えた時にどうなるのか気になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時は具体的な事例を元に考えると道筋が見えてくることもあるでしょう。

この記事ではインフラエンジニアのキャリアパスの考え方を解説します。

インフラエンジニアの需要や将来性・キャリアパスの事例についても紹介しますので参考にしてください。

インフラエンジニアのキャリアパスの考え方を解説

PCと女性

インフラエンジニアのキャリアパスを考えていく上で運用経験は大切なポイントになります。

システムの仕事には提案や設計・運用・保守など様々な業務が考えられるでしょう。

業務をこなす上で「どのような運用が最適であるか」を理解する必要があります。

システムの運用に重点を置いていなければトラブルやコスト増加の原因になるでしょう。

運用経験がなければシステムの構築や提案は難しいといえます。

そのようなシステムではエンジニアがストレスを感じることにも繋がるでしょう。

インフラエンジニアのキャリアパスを考える上では、仕事内容とともにも運用経験は重要といえます。

インフラエンジニアの特徴

クラウド

インフラエンジニアはサーバーやネットワークの基盤を作る役割を担っています。

個人では扱わないような大規模なネットワークの構築なども行いますのでスケールが大きいことが特徴といえるでしょう。

主な仕事内容

サーバールーム

インフラエンジニアは以下の2種類に分類できます。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア

ネットワークエンジニアの業務はデータを送受信できるように機材の設置などを行うことです。

サーバーエンジニアであればサーバーの構築や運用を行います。クラウドの発展と共に仮想環境のサーバー構築も多くなってきたようです。

このように設計構築運用がインフラエンジニアの主の業務になります。

役割

ポイント

プログラムを組んでソフトウェアを作ったとしてもネットワークがなければ社内の皆で共有することはできません。

それはクラウドにおいても同じことがいえます。サーバーやネットワークがなければ情報を共有することができません。

インフラエンジニアはこのようなサーバーやネットワークの基盤を作る仕事になりますので縁の下の力持ちといった役割が大きいでしょう。

 

ワンポイント
インフラエンジニアはネットワークやサーバーの基盤を作る仕事です。

インフラエンジニアの具体的なキャリアパスをチェック

手

インフラエンジニアの具体的なキャリアパスをチェックしていきます。

インフラを極める道もありますしプロジェクトを支えた経験を活かす道もあるようです。

インフラエンジニアとして経験を積み重ねることによりそれに付随する様々なスキルも身につくはずです。

自分の持っているスキルを活かすことができるようなキャリアパスを見つけることも重要になるでしょう。

マネージャー

女性

インフラエンジニア一人で全てを解決するようなプロジェクトはあまりありません。

規模により異なりますが複数人が関わってくるプロジェクトが多いでしょう。

そのためプロジェクトに関わった経験を活かしてマネージャーを目指す道があります。

メンバーを取りまとめたり全体の把握や管理をしたりする仕事はどのプロジェクトでも共通です。

コミュニケーションをとることが好きだったりリーダーシップの気質があったりする方にはおすすめのキャリアパスになります。

スペシャリスト

女性

インフラのスペシャリストはインフラを極めた先にあります。行う業務は設計や構築と変わりありません。

スペシャリストに求められるのは知識です。

システムやエンジニアを取り巻く世界は常にアップデートされています。

スペシャリストはそんな最新の情報を踏まえた上でプロジェクトに最適な提案をすることになるでしょう。

いきなりスペシャリストになることを目標に掲げてしまうと大変だなと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんスペシャリストを目指す全ての人がいきなりIT企業のトップクラスに立つということはないでしょう。

インフラエンジニアとして担当業務をこなしていくことでスペシャリストへ近づけるのです。

ITコンサルタント

PCと女性

ITコンサルタントは顧客の問題点を解決できるようなシステム・技術を提案する仕事になります。

エンジニアのような技術的な提供ではなく顧客へのアドバイスを提供する仕事といえるでしょう。

インフラエンジニアで培った知識を活かしてサーバーやネットワーク関連の提案ができるようになります。

ITコンサルタントを目指すのであれば顧客の抱える問題点を的確に見抜く力や顧客の業務内容を理解する力も必要になるでしょう。

 

ワンポイント
インフラエンジニアの具体的なキャリアパス
・マネージャー
・スペシャリスト
・ITコンサルタント

結婚や出産後のキャリアパス

赤ちゃん

女性のインフラエンジニアは結婚や出産後も仕事に復帰して活躍することができます。

IT業界の需要が見込めること、そしてインフラエンジニアは技術職でありスキルがあれば確実に活躍できることがその理由です。

雇用形態

PCと女性

IT企業は新しい働き方を推奨している部分も多くありますので時間や勤務日についてある程度の自由になることがあります。

そのため復職後も正社員として働きながら出勤時間や勤務日を自分の都合で変えることができるといった企業も多いようです。

女性が長く続けられる仕事?

PCと女性

インフラエンジニアは技術力に応じて業務を決定されます。

そのため結婚や出産で長期休暇を取ったとしても、仕事に復帰した際には自分の技術に見合った業務が割り振られることになるでしょう。

インフラエンジニアとしてスキルを磨いておけば長期休暇後、復帰しやすい仕事だといえます。

そのため女性がインフラエンジニアの仕事を長く続けるためには技術やスキルを磨いていく必要があるでしょう。

プロジェクト内の仕事を請け負うだけの技術力があれば女性が長く続けられる仕事です。

理想のキャリアパスに役立つ資格

PCと女性

インフラエンジニアにとって技術力スキルがあることはとても重要になります。

そのため自分の力量を証明できる資格を提示できれば良いでしょう。

この章では理想のキャリアパスに役立つ資格を紹介します。

自分の希望するキャリアパスにマッチした資格を確認してください。

CCIE

シスコシステムズ社が提供するシスコ技術者認定は世界的に技術を証明できる資格です。

シスコ技術者認定の5つのグレードのうち「CCIE」はエキスパートレベルの技術者を認定する資格になります。

高水準なネットワークの専門知識を証明できる資格といえるでしょう。

ネットワークスペシャリストよりも遥かに高い難易度といわれておりIT業界の中でも最高峰の資格です。

CCIEは2年毎の更新も必要になります。

7年以上の実務経験のある方向けの難しい資格ではありますが、最高峰の資格を有しているとなればキャリアパスには十分役立つでしょう。

LPIC・LinuC

PCと女性

LPIC・LinuCはLinuxのスキルを証明する資格になります。

LPICはグローバルな市場を対象としている一方、LinuCは日本市場に特化した資格です。

この2つの資格は難易度も似ていることから混同される方もいらっしゃるかもしれません。

サーバー運用の他にも様々なシーンで活躍するLinuxのスキルは、多くの職場で活かすことができます。

インフラエンジニアのキャリアパスにも役立つでしょう。

どちらの資格を取得するか迷ったら市場の違いなどを確認してください。自分のキャリアパスに沿った資格を選びましょう。

ORACLE MASTER

サーバー

ORACLE MASTERはデータベースの管理や運用・SQLの習熟度について証明できる資格になります。

ORACLE製品は日本市場におけるシェアも大きいです。

そのためこの資格があれば転職には有利になるでしょう。

ORACLE MASTER の勉強をすれば、ORACLE製品だけではなくデータベースの仕組みやSQLについての知識も身につけることができるでしょう。

 

ワンポイント
自分の希望するキャリアパスにマッチした資格を取得しよう。

資格以外に身につけたいスキル

ポイント

インフラエンジニアのキャリアパスを考える上で資格以上に身に着けたいスキルも紹介します。

インフラ系以外にもプログラミングの知識やスキルがあれば役に立つでしょう。

サーバーの起動さえもプログラミングで行うことも増えています。

またクラウドのスキルや知識も重要です。

クラウドサービスの充実により、多くのシステムがクラウド上で稼働するようになりました。

そのためクラウドの知識やスキルについても今後ますますアップデートが必要になるでしょう。

インフラエンジニアの将来性

女性

従来型のオフィスワーク主流の技術については今後需要が減少することもあるでしょう。

しかしインフラエンジニアはクラウドやIoTといった新しい技術の導入に欠かせない存在になります。

新しい技術はネットワークやサーバーがなければ運用ができないからです。

インフラエンジニアに限らずIT業界では常に新しい情報や技術が出てくるでしょう。

将来性を考える上でのポイントは古い技術にとらわれず情報を常にアップデートすることにあります。

 

ワンポイント
IT業界では情報を常にアップデートしよう。

インフラエンジニアのキャリアパス事例をご紹介

女性

インフラエンジニアのキャリアパス事例を紹介します。

具体的に何を目指すのかをはっきりと意識することにより必要なスキルも分かってくるでしょう。

例①ITスペシャリスト

PCと女性

まずはITスペシャリストへのキャリアパスです。

ITスペシャリストはより専門性の高い知識や技術が必要になります。

高い知識を活かして自分ならではの提案や技術提供をすることにより市場価値も上がっていくでしょう。

顧客の抱えている問題を解決するためにIT製品の導入や設計・運用を行う仕事になります。

ネットワークやデータベース・セキュリティなどそれぞれの分野に特化したITスペシャリストを目指す方が多いようです。

資格取得は目指す分野のものを取得すると良いでしょう。

例②プロジェクトマネージャー

女性

プロジェクトマネージャーへのキャリアパスについて紹介します。

プロジェクトの管理業務をするのがプロジェクトマネージャーです。

クライアントとの打ち合わせにはコミュニケーション能力が必要になります。

プロジェクトを進行するためのスケジュール管理能力もいるでしょう。

プロジェクト内のメンバーの割り振り・作業分担を考えることも業務になります。そのためリーダーシップも必要になるでしょう。

プロジェクトマネージャーを目指すのであれば、今自分が持っているスキルとまだ足りないスキルを意識してスキルアップしてください。

例③ITコンサルタント

提案

ITコンサルタントへのキャリアパスについて紹介します。

ITコンサルタントとして活躍するためにはクライアントを納得させるための力が必要になるでしょう。

クライアントが抱えている問題に対して的確な提案を行うことにより解決へと導く仕事になります。

インフラエンジニアからITコンサルタントを目指すのであれば、データベースやサーバーに関する知識・スキルを身につけるのが良いでしょう。

コンサルタントとしては提案力やコミュニケーション能力が必要になります。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

女性たち

インフラエンジニアのキャリアパスについて悩みがありましたら転職エージェントにご相談ください。

一人で悩みを抱えていたとしても解決するまでにはかなりの時間を要するでしょう。

もしかしたら悩みを抱えたまま不安になることもあるかもしれません。

転職のプロである転職エージェントであれば一人一人の悩みについて的確にアドバイスをすることができます。

悩みを解消することができれば、悩んでいた時間を転職活動や資格の勉強に費やすことが可能になるでしょう。

転職エージェントと一緒に悩みを解決して転職を成功させましょう。

まとめ

ポイント

技術職であるインフラエンジニアは結婚・出産で長期休暇をとったとしても復職できる可能性があります。

インフラエンジニアとして知識やスキルを磨いていくとスペシャリストやマネージェーへのキャリアアップが可能です。

いずれもインフラエンジニアとして培った知識経験を活かせる業種になっています。

もし転職やキャリアパスについて不安な点がありましたら転職エージェントにご相談ください。

必要な資格やスキルを確認してキャリアパスを考えていきましょう。

インフラの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG