環境エンジニアの仕事内容を転職エージェントが解説!女性が目指すために必要な知識は?求められるスキルや仕事のやりがいを紹介

環境エンジニアが注目を集めています。環境保全は世界共通の問題です。多くの企業で環境保全に配意した商品開発・取組みが進んでいます。

環境エンジニアは、公害防止や環境保全に配意した機器や技術を開発する専門家であり、さらなる需要が見込まれる職種だといえるでしょう。

しかし、その仕事内容はあまり知られていません。この記事では環境エンジニアへの転職を目指す方に向け、仕事内容などを紹介します。

環境エンジニアの仕事内容

作業着の女性

環境エンジニアの仕事は公害を防ぐ機器類の開発・製作と大気汚染などの状況を調査・研究の2つに大別されます。

環境問題は世界で取り組むべき問題であり、その中心となる環境エンジニアの需要はますます大きくなるでしょう。

近年では女性の転職者も増えていますが、転職を成功させるにはその仕事内容を正確に把握しておくことが大切です。

ここでは環境設備及び環境保全の観点から、環境エンジニアの仕事内容を紹介します。

公害を防ぐ機器などの設計・製作・メンテナンス

ミーティングする女性

水質汚濁や大気汚染などの公害を防ぐ機器類の設計や製作、メンテナンスなど行うのが環境エンジニアの仕事です。

近年消費者は環境問題にとても敏感です。企業の提供する商品が環境に悪影響を及ぼすことがわかれば、イメージダウンは避けられません。

そこで、多くの企業では公害を防ぐ機器類の配備を行っています。環境エンジニアは機器類のメーカーで技術者として働くのが一般的です。

また最近ではそのノウハウを活かして、企業に属する環境エンジニアも少なくありません。

そこでは企業に配備された機器類の運用やメンテナンスに加え、実際の商品開発に携わるなど仕事の幅は広がっています。

大気汚染などの調査・分析

調査する女性

大気汚染や水質汚濁などの調査・分析といった研究活動を行うのも環境エンジニアの仕事です。

環境問題を解決するには、大気汚染や水質汚濁などの実態を把握し、細かく分析する必要があるといえるでしょう。

環境エンジニアは公的機関や環境問題に特化した研究所に技術者として属し、公害問題を解決するために研究活動に取り組んでいます。

 

ワンポイント
環境エンジニアの仕事内容を正確に理解しましょう。

環境エンジニアの活躍の場

活躍する女性

環境エンジニアの活躍の場は近年多岐にわたっています。従前は環境保全に関する機器類のメーカーで技術者として携わるのが一般的でした。

具体的にはリサイクル関連の装置や工場廃棄物などの処理装置・浄水装置、環境汚染の測定装置などの開発もしくはメンテナンスです。

また、公共機関や環境保全に特化した研究所や調査機関において調査・分析に携わる仕事も環境エンジニアの活躍の場でした。

最近では消費者の環境問題に対する意識が高くなるにつれ、企業活動における環境保全への取組みがクローズアップされるようになりました。

そこで実際に企業に属し、そこに配備されている環境保全に関する機器類の運用やメンテナンスに携わっています。

さらに環境に優しい商品を提供すべく、商品開発に携わる環境エンジニアも増加傾向にあるといえるでしょう。

環境エンジニアのやりがいや大変なこと

やりがいを感じる女性

環境エンジニアは非常にやりがいのある仕事です。その反面、大変なことも少なくありません。

環境エンジニアに転職するにあたって「やりがい」だけを把握しておくのは非常にリスキーだといえるでしょう。

意にそぐわない事態に遭遇した際、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうのがその理由です。

つまり、環境エンジニアへの転職を成功させるには「やりがい」と「大変なこと」の両方を把握し、納得しておくことが大切だといえるでしょう。

やりがい

環境エンジニアのやりがいは、何といっても世界が抱える問題を解決する仕事に携わっている点です。

社会人の多くが「社会に貢献できる仕事」「人の役に立つ仕事」に就きたいと考えています。しかし、やりがいを実感できる人はごく僅かです。

その点、環境エンジニアには「公害を防止する」といった社会に貢献する明確な目的があり、やりがいを実感できる職種だといえます。

また、自身が設計・開発した機器類が正常に運用されたときもエンジニアの醍醐味であり、やりがいを感じる瞬間です。

いずれにしても頑張れば頑張るだけ「やりがい」を感じることができるのが環境エンジニアだといえるでしょう。

大変なこと

環境エンジニアとして働く上で大変なことは「成果が出ない」ことです。時間をかけて開発しても、全てが上手くいくわけではありません。

むしろ、試行錯誤の連続だといえます。忍耐力と折れない心を持っていないと、環境エンジニアとして成功することは難しいでしょう。

また、環境汚染の状況を調査・分析をする仕事においては、厳しく劣悪な環境下に身をおくことも少なくありません。

仕事とはいえ、強烈な悪臭や汚れた環境下で作業を進めることは、大きなストレスになります。

 

ワンポイント
 環境エンジニアのやりがいと大変なことの両方を理解しましょう。

環境エンジニアに必要な知識

学習する女性

環境エンジニアは環境保全に特化した専門家です。企業において様々な技術が開発されることに伴い、環境汚染のリスクも高まります。

環境エンジニアは環境保全にかかる知識を駆使し、その対策を考えていかなければなりません。

したがって、環境エンジニアを目指すなら、環境保全にかかる必要最低限の知識を身に付けておくことが大切だといえるでしょう。

環境保全技術の知識

環境エンジニアには環境保全技術にかかる知識が不可欠です。環境保全技術とはテクノロジーと環境保全の調和を図ることを目的としています。

一口に環境保全といっても、大気のほか水質、騒音など非常に多岐にわたり、その内容は日々変化・深化しているといえるでしょう。

環境エンジニアはこれらの知識を吸収するだけでなく、科学技術に調和させるスキルを持ち合わしておくことが重要です。

つまり、企業が経済活動を行う上で生じる環境への悪影響を引き起こさない、もしくは低減・抑制させるためにも不可欠な知識だといえます。

廃棄物処理方法

廃棄物の処理は多くの企業における重要課題です。環境エンジニアはその処理方法についても高い知識が求められます。

廃棄物といえば工場から発生する産業廃棄物を思い起こしがちです。しかし廃棄物は各種店舗や家庭など、あらゆる場面で発生します。

環境を守るには様々な原材料から発生する廃棄物を焼却をはじめ、リサイクルや微生物による分解など様々な方法で処理しなくてはなりません。

廃棄物の処理は法律や条例にも定められています。したがって環境エンジニアは処理方法に加え、法律や条例にも精通しておくことが大切です。

バイオテクノロジーなどのエネルギー関連の知識

分析する女性

エネルギー問題も環境エンジニアの守備範囲です。エネルギーは火力や太陽光など様々な方法で作り出されていますが十分だとはいえません。

次世代を担うエネルギー源として期待されていた原子力は、安全性に疑問があり、先行きが不透明な状況です。

つまりバイオテクノロジーなどの次世代エネルギー源の開発・運用は世界に共通する喫緊の課題だといえるでしょう。

したがって、環境エンジニアは地球環境に優しいエネルギー源の開発・実用化に高い知識を持っていることが不可欠です。

環境エンジニアに求められるスキル

PCで学ぶ女性

環境エンジニアには、環境保全に関する高い知識が求められる専門職です。しかし、知識を有するだけでは十分ではありません。

知識を技術に活かすスキルを持ち合わしていることが不可欠です。採用担当者は知識に加えスキルの有無を厳しくチェックしています。

したがって、採用担当者に好印象を与えるには、環境エンジニア求められてる知識に加えスキルを要していることをアピールしましょう。

計画力

環境エンジニアとして働く上で、計画力は欠かせないスキルです。環境保全にかかる機器類を開発する場合、納期が定められています。

特に企業から発注されている場合、納期が守られなければ信用問題に関わるため、環境エンジニアには確固たる計画性が必要です。

したがって、自己PRにおいては計画性をアピールしましょう。その際、前職での経験などを具体的に盛り込むことで、より説得力が増します。

創造力

環境エンジニアに限らず、全てのエンジニアに求められるスキルが創造性です。エンジニアの仕事はルーティンだけでは対応できません。

環境エンジニアの仕事で成功するには、日々変化する環境問題に向き合い、前例に捉われない柔軟な創造力が必要だといえるでしょう。

ただし、データなどに裏付けされた創造力でなければ、「突飛な発想」で終わってしまいます。

自己PRでアピールするなら、データに対する自身の考え方を交えながら、創造力があることを具体的にアピールしましょう。

 

ワンポイント
 環境エンジニアに求められるスキルを把握してアピールしよう。

向いている女性の特徴

女性のエンジニア

近年環境エンジニアに転職する女性が増えています。理系に属する環境エンジニアの世界は男性に適していると思われがちです。

しかし、いわゆる「リケジョ」が増えており、今後ますます環境エンジニアを目指す女性が増えることが予想されます。

さて、環境エンジニアに向いている女性にはどんな共通点があるのでしょうか。ここでは環境エンジニアに向いている女性の特徴を紹介します。

仕事を計画的に取り組める

環境エンジニアに向いている女性の特徴として、計画的に仕事に取り組める点があげられます。

前項で紹介したとおり、環境エンジニアには綿密な計画性が必要です。その点、多くの女性は計画的に長けているといえるでしょう。

例えば、家計を預かる女性の綿密な計画性は、男性が簡単に真似できるものではありません。

自己PRや面接においては、単に計画性をアピールするにではなく、女性らしく繊細で綿密な計画性をアピールすることが有効です。

分析力がある

環境汚染の状況を詳細に調査し環境保全に活かすには、地道にデータを収集し、分析しなくてはなりません。

つまり環境エンジニアに向いている女性は、1つの物事に対する集中力に長け、分析力を持ち合わせています。

加えて小さな変化にも気づく洞察力も欠かせません。もともと女性は集中力に優れており、コツコツとした作業に向いています。

環境エンジニアを目指すなら、女性がもつ集中力を活かし、分析力を磨くことを心がけましょう。

 

ワンポイント
 環境エンジニアへの転職を成功させるには女性ならではの特徴を活かそう。

環境エンジニアは未経験でも転職できる?

経験のない女性

未経験の女性でも環境エンジニアに転職することは可能です。大学の環境理工学部などで学んだ経験があれば、スムーズに転職できるでしょう。

しかし、環境保全に関する知識がゼロからだと簡単ではありません。正社員を目指すなら専門学校で学ぶことも検討しましょう。

また、転職先によっては土壌環境監理士や土壌環境保全士といった資格も転職には有利です。

いずれにしても、どういった職場で活躍したいのかを明確にして、必要なスキルを身に付けましょう。

環境エンジニアの年収

考える女性

環境エンジニアへの転職を目指すなら、事前に平均年収を確認しておきましょう。想像と現実に大きな乖離があると後悔することになります。

ただし、平均年収はあくまでも「平均」であり、転職先やスキルによって大きく変わることを忘れてはなりません。

平均年収

環境エンジニアの平均年収は300~400万円程度です。サラリーマンの平均年収が400万円程度ですから、ほぼ同じ程度だといえるでしょう。

一般的なエンジニアの年収が500~600万円程度ですから、エンジニアの中ではやや低い印象です。

その理由の一つに、環境エンジニアの勤務先に公的機関が含まれることがあげられます。公的機関の特徴は残業がほとんどないことです。

残業が少ない分、平均年収は低くなりますが、ワークライフバランスが実現しやすい職場環境だといえるでしょう。

年収を上げるには?

環境エンジニアは専門職の割には比較的、平均年収の低い職種ですが、年収を上げることも可能です。

一般的にエンジニアが年収を上げるには、資格を取得するのが近道だとされています。

環境エンジニアの場合、土壌環境保全士や土壌環境監理士がこれに該当するといえるでしょう。

ただし、資格を取得することで平均年収は上がる可能性は高まりますが、環境エンジニアの場合は資格よりも実績が重視される傾向が顕著です。

したがって、職場のニーズによって資格を取得するとともに、日々の仕事をコツコツと積み上げることが大切だといえるでしょう。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

相談にのる女性

環境エンジニアへの転職を成功させるには、求められる人材像を的確に把握することが不可欠です。

その上で必要な知識やスキルを身に付け、採用担当者に自分の強みをアピールしなければなりません。非常に難易度は高いといえるでしょう。

そこで活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントは転職希望者に寄り添い、数多くの転職を成功させています。

一人で転職活動を続けていると、思わぬ困難に遭遇することも少なくありません。難易度の高い環境エンジニアだとなおさらです。

転職エージェントであれば、数多くの転職者の悩みを解決してきた実績から、心強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

笑顔の女性エンジニア

環境エンジニアは環境保全にかかる機器類の開発や運用、メンテナンスのほか、環境汚染の状況を分析するなどの仕事を行っています。

環境問題は世界規模で取り組む問題であり、公的機関や機器類のメーカーだけでなく、一般企業においても取組みが強化されているのが現状です。

そのため、環境エンジニアの需要はさらに大きくなることが予想され、女性の転職者も増えています。

未経験でも転職は可能ですが最低限の知識を身に付け、仕事に計画的に取り組める点や分析力をアピールすることが大切です。

しかし、環境エンジニアは専門性の高く難易度も高い職種になります。そこで活用したいのが転職エージェントです。

転職エージョントは転職のプロであり、豊富な経験値から最適な対策を提案し、環境エンジニアへの転職を成功に導いてくれるでしょう。

エンジニアの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG