VPoEの仕事内容を転職エージェントが解説!VPoEにはどんな役割が求められる?VPoEに向いている女性の特徴も紹介!

SE

最近注目を集めているVPoEに興味を持っている人もいるでしょう。

VPoEは職種というよりは役職といったほうがわかりやすいかもしれません。

正式名称はVice President of Engineeringです。

IT業界における開発本部長やマネジメント責任者などを表す役職になります。

この記事ではVPoEの仕事内容について解説します。

とくにVPoEに向いている女性の特徴についても紹介しますので転職やキャリアアップについて考えている人は参考にしてください。

VPoEの仕事内容を解説

パソコン作業をする女性

VPoEとは具体的にどのような仕事をするのでしょうか。

VPoEの企業での役割と仕事内容について解説します。

エンジニアの働きやすい環境作り

VPoEはエンジニアの採用や育成に関わる仕事をメインとします。

とくにエンジニアがより働きやすい環境を構築することは大きな役割です。

社員の仕事効率が上がることで企業全体の生産性をアップすることができます。

業務に必要なツールの見極めや職場環境の整備に配慮することがVPoEの仕事です。

エンジニアのパフォーマンスを向上させることで企業の経営方針を実現している重要な役割であると認識しましょう。

細かな部分にまで配慮できるという点では女性に向いている役職ともいえます。

チームのメンバーに役割と責任を意識させる

パソコン作業をする女性

VPoEはエンジニアの育成を行います。

ただ、単純に技術指導をするだけでなくエンジニアのモチベーションが上がるような工夫も必要です。

現場の状況を深く理解したうえで他部署との連携が円滑に進むように配慮することも仕事のひとつになります。

チームで行う業務が多いためチームの統率も重要な役割です。

チームメンバーひとり一人が責任感とやりがいを感じられるようにサポートしていきます。

加えて技術面での指導も求められるため自分自身も技術を磨いておく必要がある点は理解しておきましょう。

エンジニアの成長を支える

そもそもVPoEという役職ができた背景にはエンジニアチームの活性化と生産性の向上の達成があります。

そのためVPoEはエンジニアの成長をサポートする役割が大きい点が特徴です。

全体的な業務状態の把握はもちろんエンジニアひとり一人の適性や志向を見極めることも求められるスキルになります。

年齢や経験年数に関係なく個々の能力を発揮させることでチーム力を最大限に引き出すことにも責任を持つ役職です。

VPoEとCTOの関連性

打ち合わせの風景

VPoEよりも以前からIT業界の役職として知られていたのがCTOです。

CTOは正式名称をChief Technology Officerと表記し最高技術責任者という役職になります。

ここからはVPoEとCEOの関連性について解説します。

VPoEの役割

VPoEは技術部門のマネジメントの責任を持つ役職です。

エンジニアがスムーズに仕事をこなすことができるように職場環境を整えることが役割になります。

さらには開発が円滑に進むように技術力の向上にも貢献することが求められる役職です。

採用や育成がメインの業務となり現場の社員とコミュニケーションを取ることが多い点も特徴になります。

欧米などではすでに取り入れられている役職です。

しかし日本ではメルカリやGunosyなどが取り入れたことで認知度を上げています。

CTOの役割

パソコン作業をする女性

VPoEがマネジメント責任者であるのに対してCEOは技術部門のトップとして会社の経営に関わる役職です。

経営的な視点から技術部門に対して指導する立場にあるのがCTOになります。

技術部門の開発方針や方向性について指導する大きな役割をになっている点が特徴です。

企業にとって利益につながる技術開発がなされているかをチェックすることも役割のひとつになります。

技術力が高くても企業がターゲットにしているユーザー層に響かないサービスを開発しても利益にはなりません。

そのため高い技術力をいかに企業が求めるサービスに落とし込むかを考えることもCTOの役割です。

 

ワンポイント
VPoEとCTOはともに協力して働く必要のある職業です。

VPoEが注目されている理由

パソコン

VPoEという役職が確率されるまではCTOがマネジメントの責任者としての役割もになっていました。

そのためCTOはかなりの負担を抱えた状態で経営についても考えなくてはなりませんでした。

VPoEという役職が確率されてきたことで役割が分散されCTOが経営戦略や技術戦略に集中することができるようなっています。

つまりVPoEが存在することでCTOの負担が減り、本来の業務に注力できるということです。

最近では多くの企業がVPoEに注目しています。

エンジニアと直接コミュニケーションを取りながらCTOと協力して経営力もを上げていくという業務は大きな役割を果たすのです。

VPoEに向いている人の特徴は

パソコン作業をする女性

VPoEとして活躍するにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

VPoEに向いている人の特徴について解説します。

コミュニケーション能力が高い

VPoEはエンジニアとのコミュニケーションを円滑に進めることができることが求められる役職です。

マネジメントとしての役割が強いことからエンジニアをうまく統率できるスキルがある人に向いている職業になります。

エンジニア経験がある人であれば今、エンジニアが何で悩んでいるのかを理解することもできるでしょう。

エンジニア業務への理解が深い人はVPoEに向いているといえます。

課題を解決する力がある

パソコン作業をする女性

エンジニアが抱える課題を一緒に解決しようという意識を高く持てる人はVPoEに向いています。

上から目線で指導するのではなく現場で起きている問題を同じ目線で捉えることができる人におすすめです。

物事を深く考えてシステムを理解したうえで解決策を導き出せるスキルも必要になります。

課題を解決するための方法をエンジニアにわかりやすく伝えることができる能力も必要です。

豊富な経験と知識が生きる役職といえるでしょう。

人と関わるのが好き

VPoEはエンジニアに対して的確な指示を出し、スピーディーに業務を進めていくことが求められます。

そのため人と関わることが好きという人には向いている職業です。

現場で密にエンジニアと関わることが多いVPoEはエンジニアの気持ちを汲み取った言動が求められます。

人の気持ちが理解できることこそVPoEに求められるスキルです。

統率力がある

エンジニアの仕事は一見すると個人で完結するように見えますが実はチーム力が重要な職業です。

他部署とのやり取りやクライアントとのやり取りも求められます。

そのためチーム内でのやり取りが円滑に進むように統率していく能力もVPoEには求められるのです。

チームを目標に向かって進めていくためのリーダー力も必要になります。

個々のエンジニアの技量や性質を見極めて適材適所で活躍できるように配慮することもVPoEの役割です。

 

ワンポイント
VPoEにはコミュニケーション能力・統率力など人との関わりをスムーズに行えるスキルが求められます。

VPoEがいることのメリット

笑顔の女性

VPoEという役職が企業のなかで認知されてきた背景にはその役割の大きさがあげられます。

これまでCTOが担ってきた業務をVPoEが分担して担当することでエンジニアが働く環境が改善されるようになっているのです。

VPoEはエンジニアと蜜にコミュケーションを取ることで現場の課題をともに解決する役割も担います。

そのためエンジニアのモチベーション維持や作業効率アップを目指すことが可能です。

現場が活気付くことで企業全体の生産性も向上します。

そのためVPoEが果たす役割は多いのだと多くの企業が認識してきたのです。

VPoEが企業にいることで得られるメリットは大きいといえます。

VPoEを導入している企業

パソコン作業をする女性

VPoEは日本国内ではまだまだ認知度が低い役職といえるでしょう。

ただIT業界を中心にいくつかの大手企業がVPoEを取り入れているのも事実です。

とくに有名なのが大手フリマアプリ企業メルカリになります。

メルカリはアメリカでも事業を展開していることもありいち早くVPoEを採用しました。

さらにゲーム開発・運営を行っている株式会社アカツキもVPoEを採用している企業です。

ゲーム開発の最適化と同時にマネジメント業務を行うのがアカツキのVPoEの業務となっています。

エンジニアとして現場で働きながらチームを統率するという働き方が特徴的です。

株式会社SPeeeは、不動産関連サイトの運営や広告配信サービスを行う企業になります。

VPoEが採用されており、職場環境改善のためのフレックスタイム制の導入などにチャレンジしている企業です。

VPoEになるための方法

パソコン作業をする女性

VPoEになるにはどのような方法があるのでしょうか。

未経験からなることができない職業であることはわかるでしょう。

VPoEになるためにはある程度のキャリアが必要です。

VPoEになるための方法について解説します。

エンジニアとしてキャリアアップを目指す

VPoEとして活躍するためにはエンジニアとしての技術と知識が必須です。

そのためひとつの方法としてはエンジニアからのキャリアアップとしてVPoEを目指すという方法があります。

エンジニアの気持ちを理解して寄り添いながら企業の生産性をアップさせる役職であることをまず理解しましょう。

エンジニアとして実績を積んでいきながらVPoEとして必要なスキルを身につけていいくことが求められます。

エンジニアとして活躍していた企業でVPoEにキャリアアップできればさまざまな状況が理解できているため働きやすいでしょう。

VPoE候補を募集している会社に応募する

パソコン作業をする女性

もうひとつの方法としてはエンジニア経験をしっかり積んでから転職する方法です。

VPoE候補を募集している企業も少しずつ増えてきました。

そのため求人検索でVPoE候補募集の企業を探してみましょう。

エンジニアとしての経験と知識を生かしてキャリアアップを目指しているならVPoEを目指すという方法もあります。

自分だけで求人を探すことが難しい場合もあるでしょう。

その場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは豊富な企業情報と求人情報を保有しています。

そのため自分が希望している企業の求人を紹介してもらえる可能性も高くなるでしょう。

 

ワンポイント
VPoEになるためにはエンジニアからのキャリアアップと転職の2パターンが考えられます。

これからのVPoEの将来性

パソコンに貼られた付箋

日本国内ではまだまだ認知度が低いといえるVPoEですが今後の需要や求人はどのようになっていくのでしょうか。

VPoEの将来性と需要について解説します。

VPoEの需要

IT業界自体が人材不足といわれるなかで、企業の生産性をアップさせる役割であるVPoEの需要は今後高まるといえるでしょう。

エンジニア自体の需要が高まっているためエンジニアをしっかりとサポートできる立場の人材も求められます。

最近では外部からの委託エンジニアやリモートワークのフリーのエンジニアを採用する企業も増えているのが現状です。

このようにさまざまなエンジニアが同時に働く環境を整備していくのもVPoEの役割になります。

多様な働き方にしっかりと対応し企業が求める生産性やクオリティを実現させていくためにもVPoEは必要です。

エンジニアの採用から育成までがVPoEの仕事でもあるためエンジニアを育てたい企業にとっては需要の高い職業といえます。

VPoEの将来性

パソコン作業をする女性

需要の高いVPoEですが将来性はどうなのでしょうか。

VPoEは日本国内での事例がまだ少なく実際に働いている人も声も少ないのが現状です。

そのため将来性について不安を感じている人もいるでしょう。

エンジニアの働き方をみたとき、近年その働き方は多様化し働きやすい環境の整備が整ってきています。

こうした状況から考えてVPoEの存在は非常に重要となることがわかるでしょう。

さまざまな働き方をするエンジニアをチームとして統率しなければよい開発はできません。

その統率を担う役割こそVPoEなのです。

エンジニアの人材不足が顕著となり需要が高まると同時に彼らを統率するVPoEの需要が高まることは必須になります。

さらにVPoEからのキャリアップも十分に見込めるのが現在のIT業界です。

進化するIT産業のなかで先駆け的役割をになっているのがVPoEであるといっても過言ではないでしょう。

 

ワンポイント
VPoEはこれから需要が高まる将来性のある職業です。

転職相談は転職エージェントを活用する

パソコンを持つ女性

IT業界での経験が長くキャリアアップを目指している人におすすめなのがVPoEです。

VPoEに転職するには現在はまだ狭き門となっています。

ただし、VPoEとして働くことはエンジニアとしては大きなキャリアップになるでしょう。

エンジニアのチームを統率することがVPoEの役割だからです。

VPoEに転職する場合には自分だけで求人を探すことが難しいケースが多くあります。

そのため転職エンジニアの活用がおすすめです。

転職エンジニアは転職のプロであり多くの企業情報や求人情報を保有しています。

VPoEにスムーズに転職したい場合には転職エージェントの活用がおすすめです。

まとめ

打ち合わせの風景

VPoEの仕事内容についいて解説してきました。

エンジニアに寄り添いともに課題を解決する・職場環境を改善するという点からいえば女性の細やかさが生かされる職業といえます。

チームを統率する際にも個々の能力を見極めるスキルが求められるでしょう。

IT業界でキャリアアップしていきたいという女性にはVPoEがおすすめです。

転職で行き詰まったら転職エージェントに相談してみましょう。

プロならではの視点から的確なアドバイスをもらうことができます。

転職エージェントを活用してキャリアアップを目指しましょう。

SEの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG