SaaS業界の職種をご紹介!女性が注目すべき職種は?SaaS業界の特徴や年収・求められる人材を転職エージェントがご紹介!

IT

SaaS業界はインターネットがあればどこでも利用できるサービスを提供しています。

職種も多様にありますので興味のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事ではSaaS業界の職種をご紹介しています。

SaaS業界の特徴や年収・求められる人材も記載していますので参考にしてください。

SaaS業界の職種をご紹介

パソコンと女性

SaaS業界はインターネットを通してサービスやソフトウェアを提供する業種です。

システム導入までの期間が短いため導入する企業も増えています。

社員は全ての業務を平等に行うのではなく、分担された業務に集中して取り組むという企業が多いです。

プロダクトマネージャーやエンジニア・営業などが協力しながらユーザーにサービスを提供しています。

そんなSaaS業界の職種をご紹介しますので参考にしてください。

プロダクトマネージャー

グループ

プロダクトマネージャーは設定された目標を達成するために指揮を執る人です。

プロダクトマネージャーの仕事は製品を管理することに加え、どのように販売すれば良いのかを考えていくことになります。

プロダクトマネージャーに求められるスキルはマネジメント力や考察力・開発力などです。

最適な計画を立て、チームのメンバーとコミュニケーションを取りながらユーザーのニーズをプロダクトに反映します。

エンジニア

パソコンと女性

SaaS企業はユーザーが継続してサービスを利用することを目的としています。

エンジニアは常にユーザーからのフィードバックを反映していく必要があるでしょう。

中長期的な開発を行うためコードの可読性には高いクオリティが要求されます。

企業は技術者を育てるための予算を確保していますのでSaaS業界のエンジニアはスキルを伸ばしやすいといえるでしょう。

開発環境が整えられていることが多いのでエンジニアにとって働きやすい企業が多いです。

デザイナー

パソコンと女性

提供するサービスのデザインを重視する企業は多くあります。

ユーザーが使いやすいデザインを提供し長く継続してサービスを利用してもらうことが必要だからです。

納品して終了ではなく常にユーザーの満足度を高めるデザイン作業をします。

SaaS業界のデザイナーはチームと連携して業務を行いますので、そのためデザイン力だけではなくコミュニケーション能力も必要になるでしょう。

ユーザーからのフィードバックを受け取り、それを反映していく作業も発生します。

営業

営業

SaaS業界の営業は売るだけではありません。

ユーザーの満足度を高めて長期的に継続してサービスを利用して貰う必要があります。

そのためSaaS業界はユーザーと信頼関係を築きフィードバックをエンジニアに伝えることも重要です。

営業の実績は一時的に大きな売上を上げるのではなく、毎月売上を積み重ねていくイメージになります。

営業方法はインサイドセールスを主としてインサイドセールスで得た情報を元にフィールドセールスも行うという企業が多いです。

マーケティング

虫眼鏡

SaaS業界ではユーザーに継続して課金してもらうことが重要です。

そのため日々変化する市場の情報を把握する必要があるでしょう。

SaaS業界のマーケティングでは最新の情報を把握して売上に貢献するという仕事が主になります。

ユーザーの動向を把握しながら売上につなげていく業務は企業にとっても重要な役割を担うでしょう。

カスタマーサクセス

オッケー

継続してサービスを利用してもらうというSaaS業界では契約しただけでユーザーとの関係が終わるわけではありません。

契約を継続してもらうためにユーザーの満足度を高い水準で維持して貰う必要があります。

カスタマーサクセスはユーザーの満足度を向上させることが重要な仕事です。

ユーザーの満足度が高ければサービスを解約するリスクも減り結果として企業の利益に繋がるでしょう。

SaaS業界の特徴は?

ポイント

SaaS業界は多くのサービスがあります。

代表的なサービスは以下のようなものです。

  • Officeアプリ Microsoft Office365
  • 音楽配信サービス Spotify
  • 名刺管理ツール Sansan
  • コミュニケーションツール Slack

これらのサービスに共通する仕組みはネット環境があればどこでも利用可能なことです。

そして一度契約してお金を払えば終わりというわけではなく、長期的に継続して利用・課金することになります。

複数人でファイルを編集できるクラウド型のサービスなどもあり、チームで作業する企業にとってメリットになるといえるでしょう。

SaaSはパッケージ型のようにすべての機能を一括して購入する必要はありません。

自分が欲しい機能だけを利用できることが特徴です。

そのためSaaS業界では中長期的に利用してもらうサービスを前提とした運営を行っています。

 

ワンポイント
SaaS業界の特徴は中長期的に利用してもらうサービスを前提とした運営。

女性が注目すべき職種

女性

SaaS業界は売り切りの商品を扱う業界とは違い、ユーザーに長く継続して利用してもらう仕組みになっています。

そのためユーザーの要望を聞き正しく理解する必要があります。

ユーザーのフォローをしつつ信頼関係を築いていく力が必要になりますので、コミュニケーション能力の高い女性に注目していただきたい業界です。

特に営業職はコミュニケーション能力を活かすことができます。

もしSaaS業界への転職について気になることがありましたら転職エージェントにご相談ください。

注目したほうが良い業種や自分に合った業種についての情報を提供してもらえます。

転職エージェントと一緒に自分にピッタリの企業を探しましょう。

SaaS業界の営業には2種類ある

パソコンと女性

SaaS業界の営業はインサイドセールスフィールドセールスの2種類があります。

SaaS業界のサービスは売り切り型のサービスではありませんので営業方法もそれとは異なっているようです。

営業は飛び込みや強引な売り込みの必要はありません。

マーケティングから受け取ったデータをもとにセールスに繋げていきます。

インサイドセールス

仲間

インサイドセールスは内勤の営業といえるでしょう。

いわゆるテレアポのような営業ではなくマーケティングで得た情報からユーザーを絞りセールスに繋げるといった業務になります。

インサイドセールスからフィールドセールスに仕事を繋げ契約まで到達することを目標とする企業もあるようです。

フィールドセールス

営業

フィールドセールスはインサイドセールスから引き継いだ情報をもとに契約を目指す営業方法になります。

個人のユーザー相手では一人一人と対面することはほとんどありません。

企業相手の場合は対面も必要になります。基本的な営業のスタイルやマナーを守って営業を行ってください。

 

ワンポイント
SaaS業界の営業の種類
・インサイドセールス
・フィールドセールス

SaaS業界の営業に求められるスキル

パソコンと女性

SaaS業界の営業は一度売ってしまえばお終いというわけではありません。

ユーザーには継続してサービスを利用して貰う必要がありますので解約されないような営業が必要になります。

ユーザーの満足度を保つためにユーザーの要望を聞く必要もあるでしょう。

では営業に求められるスキルを詳しく見ていきます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション

長期的な継続利用を目的としているため営業はユーザーの満足度を保つ必要があります。

そのためユーザーの要望を聞く能力が重要になるでしょう。

コミュニケーションスキルがあればユーザーが何を望んでいるのかを的確に汲み取ることができます。

ユーザーと長期的に信頼関係を築くためにも気持ち良くコミュニケーションを取ることを大切にしてください。

長く信頼関係を築くことができればユーザーも安心してサービスを利用し続けることが可能になります。

ヒアリングスキル

パソコンと女性

長期的にユーザーと信頼関係を築くためにもヒアリングスキルは大切です。

ユーザーは会話のプロではありません。

ユーザーの要望や問題を聞き出すためには営業がうまくヒアリングをする必要があります。

ヒアリングスキルが高い人はうまく相手の要望を聞き出すことができるでしょう。

 

ワンポイント
SaaS業界の営業に求められるスキル
・コミュニケーションスキル
・ヒアリングスキル

SaaS業界の年収は?

お金

SaaS業界の年収は職種によって異なります。取り扱うサービスによっても違いますので年収には幅があるようです。

ユーザーを獲得し継続して利用してもらうように努める営業は、おおよそ年収400~700万円といわれています。

カスタマーサクセスの年収は400~700万円、マーケティングの年収は500~800万円ほどです。

SaaS企業の中核を担うエンジニアの年収は500~1,000万円といわれています。

サービスの改善に対応する力が必要になりますので企業はエンジニアを育成する環境を整えているようです。

 

ワンポイント
SaaS業界の年収
・営業の年収は400~700万円
・カスタマーサクセスの年収は400~700万円
・エンジニアの年収は500~1,000万円

SaaS業界に求められる人材

パソコンと女性

売り切り型の商品を扱う業界では個人のノルマを設定して毎月の売上を成績とします。

SaaS業界では中長期的な継続利用を目的としていますので、売り切り型の商品を扱う業界とは違った人材が求められます。

長期的なサービスの利用をしてもらうためにサービスの改善に取り組める人材が必要です。

ユーザーのフォローを行い満足度を維持していかなければなりません。

中長期的な視点を持てることも重要になります。

最初の一度だけユーザーを納得させるのではなく、長期的にユーザーと信頼関係を築く必要があるからです。

またSaaS業界を取り巻くインターネット情勢は日々変動しています。

そのためマーケティング力のある人材も求められているのです。

SaaS企業の選び方

ポイント

実際にどのようなSaaS企業を選べばよいのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

この章ではSaaS企業の選び方について解説していきます。

主な市場

ポイント

長期的な継続を求められる職種ですがそのサービス内容は企業によってかなりの幅があります。

そのため取り扱うターゲットや市場によって営業方法は変わってくるでしょう。

応募する企業がどの市場にサービスを展開しているのかを見極めることはとても重要になります。

主な市場を確認することでその企業のスタンスが見えてくるでしょう。

自社商品やサービスの特徴

SaaS業界の転職先企業を選ぶ時には取り扱う商品やサービスの特徴を確認してください。

自分が納得できる商品やサービスはユーザーにもおすすめできるはずです。

長期的にユーザーとの信頼関係を築かなければならないSaaS企業では、自信を持っておすすめできるサービスを提供していることが重要になります。

また他社製品にはない魅力を見つけておくことは志望動機を考える点でも重要です。

SaaS業界の中でも応募先の企業を志望した理由に繋げることができるでしょう。

営業手法

パソコンと女性

採用後に気持ち良く働くためには企業の営業手法も知っておく必要があるでしょう。

どんなに素晴らしいサービスでも自分のスタンスとは異なった営業方法を強要されるのであれば気持ち良く働くことはできません。

SaaS業界ではインサイドセールス・フィールドセールスが主流ではありますが、応募先の企業がどうであるかは事前に調べておきましょう。

もし情報に不安がある場合は転職エージェントを頼ることもおすすめです。

転職のプロに相談して自分に合う企業を見つけてください。

転職の悩みはエージェントに相談しよう

案内

SaaS業界の転職についてまだまだ疑問がある方もいらっしゃるかもしれません。

一人で情報を集めるのは難しいです。

情報を集めることに時間を割いてしまうと転職活動の時間が削られてしまいます。

そんな時は転職エージェントを活用してください。

転職のプロに相談することにより悩みや疑問を解消できることがあります。

転職の活動時間を有効に使うためにも転職エージェントを活用するのはおすすめです。

転職エージェントと一緒に転職を成功させましょう。

まとめ

パソコンと女性

SaaS業界はユーザーに長期的に利用してもらうための仕組みを採用しています。

そのため一度きりの売り切り型の営業をすることはありません。

長期的に課金をしてもらうことを主軸においてユーザーとコミュニケーションを取ることが必要です。

SaaS業界はユーザーの要望を的確に聞き商品に反映できる人材を求めています。

もし自分に合うのかどうかわからない場合は転職エージェントにご相談ください。

転職エージェントからしっかりと情報を提供してもらい転職後も活躍しましょう。

ITの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG