データベースエンジニアの仕事内容を解説!やりがいや厳しさは?女性向け役立つ資格やキャリアパスを転職エージェントがご紹介

IT

無数にあるデータを管理するデータベースを取り扱うエンジニアがデータベースエンジニアです。

データベースエンジニアの主な仕事内容を中心とした内容をお送りします。

データベースエンジニアのやりがいや、役立つ資格なども併せて紹介していきましょう。

データベースエンジニアの仕事内容を解説

パソコンを触る画像

膨大なデータを所持するデータベースについての開発・設計から運用・管理を行うのがデータベースエンジニアです。

一般的なSEと比較すると地味な印象を受けますが、企業などの情報システムを支える大切な役割を担っています。

ところがデータベース製品を専門にしたエンジニアは全く足りていません。

そのためデータベースエンジニアの市場価値は上昇し続けているのが現状です。

今回は、データベースエンジニアの仕事内容を中心にその魅力を解説していきます。

データベースの開発と設計

データベースとは、インターネット上で扱われるさまざまなデータを活用できるような仕組みになっています。

膨大なデータが安全に保管できるスペースとして存在します。

常に整理され続け必要に応じながらデータを取り出せるような構造です。

そのデータベースの大きな括りを開発・設計することからデータベースエンジニアの仕事が始まります。

OracleやMicrosoft SQL Serverといったデータベース製品を扱いながら、最適な開発・設計をする業務です。

データベースの運用

パソコン操作する女性の画像

データベースエンジニアの業務にはデータベースの運用も含まれています。

実際に稼働しているデータベースを運用しながらの仕事です。アクセス権管理といったセキュリティ規則設計をします。

他にもデータのバックアップなどを行うこともあるでしょう。

データベースの管理

データベースでは大量のデータを保存する機能が働いています。しかも長期的に保存できるようにしなくてはなりません。

そのためには、サーバーが常に最適化されて効率よく動くようにチューニングすることが大切です。

データベースの管理の仕事はそのためにあります。

他にも、データベースへの不正侵入やデータ流出などの万が一の危険を防ぐセキュリティ対策も含めた業務です。

データベースエンジニアのやりがいは?

仕事する女性の画像

企業にとってデータベースが必要な理由はいくつかあります。

新しい戦略として商品開発をする際にユーザー分析をし、過去のさまざまなデータを活用することがあるからです。

必要なデータを敏速に取り出せるように設計・設定をするのに、データベースエンジニアの力が必要となります。

では、データベースエンジニアにとっての仕事のやりがいとは何かを解説していきましょう。

顧客企業へ直接貢献できる

データベースエンジニアの仕事は、顧客企業への貢献がダイレクトに分かるのがメリットです。

企業が所有する情報をすべて一括して管理する役割を持っています。当然データベースの構築には隙があってはなりません。

安心できるデータベース作りと運用ができれば、企業経営への貢献度がかなり高くなるといえるのです。

業務範囲が広い

パソコンで仕事をする女性の画像

データベースエンジニアは業務範囲が多岐に渡っているのが特徴です。

それぞれの専門領域はすそ野も広く、徐々に学びながら自身をスキルアップさせることができます。

またそれらの中から自分の思い描くキャリアに合わせて資格を取得することが可能です。

自らの意思と選択で知識を深めることができます。

ビジネス全般が見渡せる

場合によっては、機密情報を保管する銀行などの金融データを保管するデータベースにも関与することもあるでしょう。

データベースエンジニアは、社会全体にも影響を及ぼす内容に携われることがあります。

重要なデータベースの設計や運用を行なうことは、データベースエンジニアの最大のやりがいではないでしょうか?

もちろんデータベースエンジニア個々の手腕に掛かってきます。

そして情報化社会の中でビジネス規模が大きくなればなるほど、その業界の全般が見渡せるようになるのが特徴です。

データベースエンジニアになると誇りとプライドを持って業務に取り掛かれます。

データベースエンジニアの厳しさは?

ノートパソコンの画像

データベースエンジニアは、顧客となる企業や団体のデータベースを一括して管理する任務を持っています。

それは専門家として信頼を寄せているのでやりがいにもなるでしょう。

ところが時と場合によっては、大きな足かせとなってしまいます。

では、データベースエンジニアの業務で大変なことや厳しい部分について解説していきましょう。

正確さを問われる

データベースエンジニアには正確さが問われます

データベースの設計や開発などの段階から気を抜いている暇はないのです。

万が一のミスが生じてしまったら、顧客のその後の業務にも大きな支障を及ぼすことでしょう。

作り上げるデータベースにはミスを出さないよう配慮しなくてはなりません。

常にプレッシャーがつきまとう業務だといえます。また、データベース上での障害が起きれば対応措置をするのも役目です。

そのため、残業や休日出勤なども考えられます。

データを守る責任が重い

まじめに仕事をする女性の画像

顧客企業の大切なデータベースを取り扱う以上は、データ保守の責任が重くのしかかります。

データベースにおいてセキュリティはかなり重要な側面です。データ流出などが発生しては大問題になるでしょう。

データベースエンジニアには企業のデータを守る重大な責任があります。

それがプレッシャーや負担となり、続けられないという人もいることは事実です。

 

ワンポイント
データベースエンジニアになると正確な仕事の要求や責任感が問われる。

データベースエンジニアに求められるスキルは?

スマホの画像

膨大なデータを管理や運用するためには、データベースに関するスキルが必須です。

しかしそれだけにはとどまらず、データベースエンジニアにはさまざまなスキルが要求されます。

では、データベースエンジニアに問われる主なスキルについて解説していきましょう。

情報システム開発のスキル

データベースはシステム開発のほんの一部分です。

そのためデータベースに関する要件の定義にこだわるだけでは務まりません。

開発工数の算定なども含めた情報システム開発での上流工程の知識やスキルも磨くようにしましょう。

サーバーやネットワークなどのITインフラ全般についても理解を深めておく必要性があります。

セキュリティのスキル

データベースエンジニアには、セキュリティについての知識も求められます。

セキュリティ対策を実装するにはアクセス権の適切な付与・アクセス制御・データの暗号化などが必要です。

それらを適切な形で実装できる専門性が問われます。

他にもデータベースへの攻撃に対する知識やセキュリティに関するプログラミング技術があれば高度な仕事が可能です。

データベースエンジニアに役立つ資格は

オフィスの画像

データベースエンジニアとして仕事をするのに必ず取得すべき資格はとくに指定されていません。

IT系資格を持っていなくても目指すことはできます。

ただしデータベースエンジニアには、高度で専門的な知識やスキルを要求することもあります。

中途採用などの判定では、特定の資格取得を必須条件にしている企業もあるほどです。

ここでは、データベースエンジニアに役立つ資格について解説していきましょう。

データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリスト試験は、情報処理推進機構(IPA)が運営する国家資格です。

高度情報処理技術者試験に分類され、データベース関連の内容すべて網羅された出題内容とされています。

データベースの企画から要件定義・開発・運用・保守に関する高度な知識と実践的能力が問われる内容です。

一般的なデータベース運用から保守までの主要な能力が証明できるでしょう。

難易度としてはかなり高めなので、取得すれば転職活動で有利に働きます

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報処理推進機構(IPA)が実施する情報処理技術者向け国家試験の1つです。

ITを操作する人材に必要な基本的な知識や技術を認定します。

データベースエンジニアだけに特化して有利ということではなく、あらゆるIT系エンジニアが受験して欲しい資格です。

もし未経験でIT業界へ転職を考えるのであれば、まずはこの資格の取得に注目して受験にトライするとよいでしょう。

オラクルマスター

Oracle社が開発・リリースするOracle Databaseの認定資格として知られています。

世界でもトップシェアを誇るデータベースでもあることが理由です。

この内容を把握していることは、あらゆるデータベースにも通用するでしょう。

オラクルマスターの資格を取得することで、さまざまな場面で活かされます。

ただし、オラクルマスターの試験は分類されているのが特徴です。

基本を問うBronzeからSilver・Goldと段階を経ていきます。

最終的にはPlatinumという難易度のある実技試験までを受験する必要があります。

 

ワンポイント
必ずしも資格が必要ではないが所持すると有利な資格はたくさんある。

データベースエンジニアの年収

仕事中の女性の画像

データベースエンジニアになると、どのくらいの収入を得ることができるのでしょうか?

データベースエンジニアの年収は、平均約522万円とされています。

日本の一般企業の平均年収と比較した場合には高額な印象を与えてくれるでしょう。

月給で換算するとしたら44万円となり、初任給なら22万円程度が相場です。

その分だけやりべきことは多くて責任も大きいといえます。

データベースエンジニアのキャリアパス

コーヒーと花の画像

データベースエンジニアでの経験を活かしながら次のステージを目指すのであれば、さまざまな場所が用意されています。

まず多くの場合がプロジェクトマネージャーです。

プロジェクトの計画・設計・開発・リリースなどの各フェーズでの内容を熟知し管理をしていく重要な立場となります。

他には、データベースコンサルタントという道も選べるでしょう。

顧客の要望や悩みの解決をする立場です。そのため、データベースのスペシャリストとしては上位の職種といえます。

 

ワンポイント
プロジェクトマネージャーやコンサルタントなどさまざまなキャリアパスが期待できる。

データベースエンジニアは未経験でも目指せる?

デスクの画像

データベースエンジニアは、未経験者でも転職が実現できるのでしょうか?

それは未経験がどのような状態なのかにもよります。

IT 系の知識がなく業務経験がない人物を、いきなりデータベースエンジニアに採用する企業は皆無と思ってよいでしょう。

実務経験がない人物にとって現実的ではない選択といえます。

データベースエンジニアの中途採用を行う企業のほとんどは、情報システム部門を持つ企業です。

また、大学院にてデータサイエンスを学んできたような即戦力になる新卒でもない限り未経験者を採用しません。

一方、データベースではない他のエンジニア経験を経ていればキャリアアップの対象になります。

 

ワンポイント
まったくの未経験では難しいので他のIT系エンジニアなどの仕事からシフトするのが望ましい。

転職の悩みは転職エージェントに相談しよう

頼れる女性の画像

データベースエンジニアの求人案件は、新卒者を大々的に募集をするような形式はほとんどないといえます。

ごく限られた範疇での中途採用で行なわれています。

やはりIT関連の知識と膨大なデータを取り扱えるスキルは、実務経験を得ている人物にこそ備わっているからです。

もしデータエンジニアを目指すのであれば転職エージェントを利用する方法も有効的でしょう。

ただ何となく求人サイトを探すよりもメリットがあります。

転職エージェントを利用することで書類選考のポイントや面接対策がしやすくなるでしょう。

入社後に生じてしまうミスマッチを未然に防げる利点もあるからです。

まとめ

タブレットを使う女性の画像

データベースエンジニアには高度な技術力が求められます。

そのため、今までの実績を評価して中途採用されるケースがほとんどです。

とても責任とやりがいがある仕事でもありつつ、現状ではどうしても人数が足りていないのが課題といえます。

その穴埋めをすることがしばらくの目標となる世界です。

今からデータベースエンジニアになりたいという方は、資格の取得など含めて徐々に学習を積み重ねておきましょう。

やがてタイミングを待ってから転職を志してみてはいかがでしょうか?

ITの最新記事8件

>

テレキャリはエンジニアについて詳しく知らない女性やエンジニアに転職したい女性に向けたサイトです。エンジニアと聞くと、男性が多いイメージがありますが、女性のエンジニアも増えています。 世界全体でエンジニアの需要が増えていて、現在は女性エンジニアも数多く活躍しているのです。

テレキャリでは、エンジニア転職に関する記事を女性向けに多数紹介しています。テレキャリに目を通すことで、エンジニアの業務について理解を深めることができます。そこから、不安を解消しつつ働き始めた後のギャップを防ぐことができます。

テレキャリを活用してエンジニアデビューの不安を解消し、安心して働ける環境に転職しましょう。

CTR IMG